785: 名無しさん@HOME 2013/03/29(金) 11:20:18.52 0
初カキコ。流れ切ってすみません。 

皆さんの修羅場に比べたらぷっちぷちですが。 
当方20代喪女(デブス)です。父・母・姉・妹がいます。 

10歳の時に私と姉の間に男の子(私にとっての兄、姉にとっての弟)がいたと聞かされました。 
死産ではなく、生まれてまもなく病死したらしいです。 
うちは年3回仏壇にお経をあげるんですが、それがお盆と兄の誕生日と命日だということでした。 
(言われるまでどこの家も年3回お経あげるものだと思ってました;) 
当時は特に気にせず「ふーん」くらいで聞き流しました。 


中学に上がる頃に、薄らとそれに疑問を持つようになりました。 
(姉とはあまり年が離れて無かったので) 
親がいないときにこっそりと仏壇の位牌を調べたら、生まれたのも亡くなったのも私の生まれる1年前の出来事でした。 
生後半年ぐらいで亡くなったようです。 

亡くなった日は私が生まれるちょうど1年前くらいで、十月十日換算したら、私ができたのは兄が亡くなってわずか2,3か月後という計算に。 

いやいや流石におかしいだろう、と思いつつも、位牌に嘘が書いてあるわけもなく。 
その後、それとなく母に兄が亡くなった当時の事を聞いてみたら… 

・兄が亡くなった時は母は一時的におかしくなった 
 (誰も穿かない布おむつにアイロン掛けしてたり) 
・私を身籠った時は、「兄を生み直す」と思っていた 
・結果として女である私が生まれ、兄はもう二度と戻らないのだと気付かされた 
・だからお前は生まれてきた時点で親孝行ものなんだ 

という話をされました。 
最後の〆で美談っぽくなってるけど、「兄を生み直そう」として私が生まれた、と聞かされて心中修羅場でした。 
(じゃあ妹は? と聞いたところ、「男の子が欲しかったけど、女の子でもよかった」だそうで) 

もし私が男の子として生まれてたらどうなってたんだろう…。


795: 名無しさん@HOME 2013/03/29(金) 12:26:34.96 0
>>785
その頃の周りの親族の考え方が男>女で、男の子が生まれて跡継ぎー!
って感じだったらお母さんが病んでもしょうがないと思う
お母さん本人が男の子が死ぬほど欲しかったとかね
子供亡くすって流産でも辛いのよ。空いた穴を埋めたくなるのはしょうがないと思う
生まれてきたことでお母さんを正気に戻せたっていう事だけ受け止めればいいと思うよ

796: 785 2013/03/29(金) 12:38:15.66 0
>>793さんの仰る通りです。
当時は本当に物知らずだったのでお恥ずかしい…

>>795
あまり跡継ぎに拘る家でもなかったのですが、やはり男の子が欲しかったようです。
母の心情は理解出来ますし、それだけ辛かったのだと受け止めています。

797: 名無しさん@HOME 2013/03/29(金) 13:03:24.99 0
>>785
あなたも子どもが生まれたらわかるよ

789: 名無しさん@HOME 2013/03/29(金) 12:12:55.77 0
そうそう。知らない人多いよ。

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £78

1001: 以下、VIPPER貴族がお送りします! 2013/01/01(火) 00:00:90 ID:MX8O6r2U
1002: 以下、VIPPER貴族がお送りします! 2013/01/01(火) 00:01:90 ID:MOUO6r2U
-この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます-
-この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます-

この記事にコメントする'`,、('∀`) '`,、

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
貴族ヘッドライン(・∀・)